学校運営方針

令和元年度 教育目標 重点目標 努力点

1 教育目標
  教育基本法及び関係諸法令に則り、豊かな人間性や社会性、及び国際社会に生きる人間としての
 自覚を育成し、自ら学び、自ら考える力を育成することを目標とする。
  そのために、規律ある充実した高校生活を送れるようにするとともに、基礎基本の確実な定着と
 学力の伸長を期する。

 <目指す学校像>
規律ある落ち着いた環境で、生徒一人一人にきめ細やかに指導を行い、地域に開かれ信頼される学校


2 重点目標
(1)生徒理解に基づきながら、「明るく挨拶」「身だしなみを整える」「時間を守る」を基礎とした、
  基本的生活習慣の確立と規範意識の向上を図り、豊かな人間性と社会性を育む。
(2)少人数学級編制や習熟度別授業などにより、きめ細やかな学習指導を行うことで、確かな学力の
  向上を目指すとともに、全ての活動を通じて学習意欲を高揚させ、生徒一人一人の進路希望を実現
  させる指導を行う。
(3)学校行事や部活動等及び地域貢献を通じて、社会の一員としてたくましく生き抜く体力と気力を
  育む。


3 今年度の努力点
(1)生徒の基本的な生活習慣の確立と人間関係形成意識を高める。
  ア 全教職員の共通理解に基づいた積極的な生徒指導と保護者との連携により、遅刻・欠席・早退
   者を減らす。
  イ 県教委指定の「道徳教育推進モデル校」として、人間としての在り方生き方に関する指導内容
   を実践する。
  ウ 県教委指定の「自立支援事業」やスクールカウンセラー、外部機関と連携し、生徒・保護者の
   教育相談等に応える。

(2)生徒の学習意欲を高め、確かな学力を向上させるとともに、進路指導の早期化・体系化により、
  一人一人の進路実現を図る。
  ア 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を行うために、授業研修会・「授業互見」
   を実施する。
  イ 新学習指導要領に対応した教育課程編成を策定する。
  ウ 各種ガイダンス、進路補習内容、進路面談の充実を図る。
  エ 大学入試改革の情報収集を図るとともに、進路指導プログラムの体系化を更新する。
(3)生徒が主体的に活動できるよう学校行事や部活動等を活性化するとともに、地域に信頼される学校
  づくりに向け、地域との連携を更に深める。
  ア 学校行事や生徒会活動等への主体的な取組みを支援する。
  イ 部活動1年全員加入を継続し、活動を更に活性化させる。
  ウ 近隣の学校や施設等との交流活動、市主催の行事参加等での活動を奨励する。
  エ 全教職員による中学校訪問等の広報活動を効果的に実施する。