日誌

校長だより

平成31年度・令和元年度学年末にあたって

皆さん、お早うございます。

 3月9日ぶりの登校で、皆さんの元気な声が聞こえてきて嬉しく思っています。

  本来なら、学年末の終業式。皆さんの顔を見て、大きな声で返ってくる「お早うございます!」でスタートしたかったのだけれど・・・

 皆さんは、この1ヵ月どのような生活をしていたでしょうか?新型コロナウィルス感染症の防止について、意識して行動していましたか? 

 ニュースを見ていると、世界がいかに狭くなったかを痛感します。そして、自国主義になっていた国々も、世界中の国々が協力し合ってこの「見えない敵」と向き合わなければならない、と動きだしています。

 その中で、自分の命の危機を感じながらも、最先端で取り組んでいる医療従事者の方々には「感謝」の言葉に尽きます。私にできること、私たちにできることは何か、を改めて考え、行動していきましょう。 

 さて、昨日、ある先生が、今日は大掃除の日なので、自分の監督場所の掃除をしてきます、と言って掃除監督場所に行かれました。そう、昨日は「学年末の大掃除」が予定されていました。臨時休業のさ中、そのことを忘れていた自分を恥じました。この「学年末の大掃除」には、1年間お世話になった教室やトイレ等に感謝するとともに、綺麗にして後輩たちに受け渡す、という意味があります。どうか、大掃除とまではいかなくとも、綺麗にしていこう!という気持ちを持ってもらえたらと思います。 

 ここで、平成31年度・令和元年度 学年末にあたり、現実の自分と、自分を客観視する自分を想定ということをお話しします。

「自分自身の戦い」「自分の最大のライバルは自分」。

とかく人間は安易な方向に走りがちです。現在の社会には人の興味を引き、表面的な楽しみを与えてくれるものが数多くあります。それらの誘惑に負けようとするとき、もう一人の自分がそれらの誘惑に打ち勝つよう働きかけるのです。

 皆さんは常に、「自分はこれでいいのか」と自分に問いかけ、自分の力を信じて、日々努力を重ねて欲しいと思います。

 今、「自分の力を信じて」と言いました。私たちは生まれながらにある能力が与えられています。それがどんな能力なのか本人にも分からないところがあります。文学的才能のある人、数理的能力のある人、運動能力のある人、芸術的才能のある人、語学的才能のある人、様々です。最初からその能力が備わっていることもあれば、成長するにつれて少しずつ身に付いてくる能力もあります。自ら気づく場合、友達からの指摘も。

 この能力を生かすには、その人の努力によるところが大きいと思います。「努力は裏切らない!」です。 

 最後に、卒業式は、今日のように晴れ渡った暖かな日でした。卒業生の皆さんは、1,2年生がいてくれないことで、ちょっと寂しげでしたが、立派に式に臨み、卒業していきました。

 皆さんは、4月からは、一歩前進。皆さん一人一人がしっかり自分と向き合い成長するとともに、富士見高校を盛り立てていって欲しいと願っています。