富士見高校 の日々

第55回入間東部地区駅伝(2/4)教職員チーム結果

三芳町・ふじみ野市・富士見市の3地域で開催された、第55回入間東部地区駅伝大会に本校教職員チームが参加しました。以下、各記録です。

※ 1区(4.9km) 2区(2.3km) 3区(3.9km) 4区(3.9km) 5区(3.9km)です。
 

・富士見高校職員Aチーム(37位)

 

① 市川結基 0:18:25(26)/ 0:18:25(26)

② 山越彩夏 0:12:32(55)/ 0:30:57(35)

③ 中島健志 0:17:17(29)/  0:48:14(32)

④ 黒須靖広 0:19:30(53)/  1:07:44(39)

⑤ 金井塚渓太  0:17:41(32)/  1:25:25(37)

 

 

 

 

 

・富士見高校職員Bチーム(40位)

 

① 宇津木正彦 0:21:38(58)/ 0:21:38(58)

② 酒巻尚生 0:10:43(27)/ 0:32:21(46)

③ 柴田雄太 0:15:24(12)/ 0:47:45(31)

④ 廣畑大介  0:17:59(39)/ 1:05:44(32)

⑤ 宮澤卓弥 0:20:25(62)/  1:26:09(40)

 

 

 

 

・富士見高校職員Cチーム(38位)

 

① 田中彰人 0:18:40(33)/ 0:18:40(33)

② 山本佳樹 0:10:19(20)/  0:28:59(23)

③ 堀柊馬 0:17:34(38)/ 0:46:33(25)

④ 並木裕也 0:19:18(52)/ 1:05:51(34)

⑤ 櫻井浩 0:19:43(59)/ 1:25:34(38)

 

 

 

 

 

 

今大会では教職員だけでなく、本校陸上部より2チーム、サッカー部からも2チーム出場しました。

生徒・教職員一丸となって駅伝に参加することができて、とても有意義な時間でした。来年度も出場できることを楽しみにしています。

今日も富士見高校は元気です!!

昨日の雪の影響で富士見高校周辺も真っ白ですが、雪にも負けず今日も富士見高校は元気にやっています。

また、早朝から生徒の安全のために教職員が雪かきを行っていました。

    ↑美術の教員による富士見高校の校章

第57回入間市駅伝競走(12/17) 教職員チーム結果

 参加教員等集合写真

入間市にて開催された駅伝に、本校教員チームが出場しました。学年や教科もバラバラですが、1つのスポーツに打ち込むことでチームワークがより高まりました。以下、各記録になります。

 

【教員Aチーム】65位

(1区:5km)宇津木 21:56

(2区:2.5km)宮澤 12:00

(3区:5km)並木 26:00

(4区:2.5km)廣畑 10:09

(5区:5km)金井塚 23:50

(6区:5km)市川 19:48

 

【教員Bチーム】102位

(1区:5km)柴田 21:02

(2区:2.5km)小池 13:11

(3区:5km)黒須 26:26

(4区:2.5km)山越 13:46

(5区:5km)田中 19:53

(6区:5km)櫻井 27:16

 

両チーム襷が途切れそうな場面もありましたが、各先生が諦めずに走り、無事に襷をつなげることができました。

 

令和6年2月には本校周辺で行われる駅伝にも出場予定です。富士見高校は生徒だけでなく、教職員も前向きに様々な取り組みをしている学校です。生徒と共に成長できるよう、教職員一同引き続き精進します。

オープンカレッジについて

本校では本年度より新たな試みとして高大連携(オープンカレッジ)を実施しています。11月25日に連携大学の1つである文京学院大学での最終講義として本校生徒が文京学院大学ふじみ野キャンパスにてスライドを使った発表を行いました。当日は文京学院大学学長福井勉様をはじめ、副学長の上村 佳世子様にも隣席していただき、発表後にご好評いただきました。今回のオープンカレッジを通して、生徒の成長につながるものとなりました。関係各位の皆様大変お世話になりました。

毎日新聞社出前授業について

12月7日に本校生徒(1-6・3-5計72名)を対象に毎日新聞社東京本社編集編成局次長兼外信部部長の古本陽荘記者を講師としてお招きし、「ニュース・リテラシー」をテーマに授業を行っていただきました。アメリカ大統領選やウクライナ戦争、ガザ紛争などの事例を使い、情報の真偽を見極める力の高め方を教えていただきました。

本校の生徒も熱心に授業に取り組み、メモを取る姿が印象的でした。お忙しい中授業準備等大変ありがとうございました。

なお、12月8日付の毎日新聞埼玉版の朝刊に記事を掲載していただきました。webでも掲載していただいております。

 

 

「彩の国高校生ビブリオバトル2023」

11月25日(土)、さいたま市で「彩の国高校生ビブリオバトル2023」が開催されました。

今年度、本校の代表として2ー5の加藤千禮(かとうちひろ)君が『いなくなった私へ』(著者:辻堂ゆめ)という本を持ってチャンプ本を目指し参加してきました。

今回の彩の国高校生ビブリオバトルとは、埼玉県内33校の参加の中から、予選を6組に分け、各々が持ち寄った本を5分間紹介、2分間のディスカッションを行ったのち、単純に聴衆者が「一番読みたい」と思った本を決め、最多票を獲得し各予選を勝ち抜いた代表者が決勝ラウンドを行います。その中で今年度の「チャンプ本」を決めるのがビブリオバトルです。

今年はどんな本がチャンプ本になり、果たして加藤君はどうなったのか・・・

 

《予選の様子》

 (予選を一緒に戦うメンバーです)

(予選を一緒に戦うメンバーです)

抽選の結果、予選の1番目を引いてしまい、昨年も見ている私としては、正直1番はきつい・・・というのが感想でした。

 (加藤君の予選での様子)

(加藤君の予選での様子)

部屋全体が緊張の面持ちの中始まり、1番目というその重役の中で、見事に本を紹介してくれました。

結果から先に言ってしまうと、今年度は惜しくも予選で敗退・・・

その後、決勝ラウンドへ行って優勝したのは、予選でバトルを交わした高校生でした。

全日程終了後、参加者全員で写真撮影をしたその顔は今日一日のプレッシャーと緊張から解き放された高校生らしい笑顔でした。

 バトラー集合写真

昨年度、本校の生徒が見事準優勝をしてくれたので、決勝にいく難しさを痛感したのと当時に話し方とかではない、その人が持つ表現力や伝達力を引き出してあげることの大事さを知りました。

私もまだまだ勉強です。

この悔しさは、来年の後輩に果たしてもらいましょう!

加藤君も今日までの1か月間、本当にお疲れ様でした。

 

富士見市総合防災訓練のボランティア活動に参加してきました!!

10/15(日)に富士見市東消防署訓練場にて行われました総合防災訓練に本校より生徒6名がボランティアとして参加して来ました。悪天候中ですが、ボランティアの人も含め200人以上の参加が見受けられました。

 

[開会式の様子]

開会式の様子

 

本校の生徒も各担当部署に分かれ、富士見市内の学校より参加されました生徒とともにコミュニケーションを取りながら、あいにくの雨でしたが楽しく活動ができました。

 

[生徒の様子]

 生徒の様子1生徒の様子2生徒の様子3

 VRで地震や火災を体験できたり、配給でカレーを作ったり、実際に浸水(膝下程度)や地震の体験をしてみたりなど日常では体験できないようなことを経験してきました。この他にも災害対策であったり防災グッズであったり、実際に引率として行った自分自身も非常時の対策が全くできていないと感じてしまいました。また、実際の災害時におけるボランティアの方々の力の大きさも実感でき、生徒にとってもいい経験だったのかなと感じております。

またこのような機会があれば、次はもっと多くの生徒の参加を呼び掛けるとともに、災害という万が一に備えた経験を知識として役に立てていきたいと思います。

生徒の皆さんもお疲れ様でした。

「化学基礎」鉄の燃焼実験

1年生「化学基礎」の授業で、3種類の鉄からなるくぎ、スチールウール、鉄粉を用いた燃焼実験を行いました。

まず、これらが燃えるかどうかの予想を立てます。班で話し合い、発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にろうそくを立てて、その火を使って各々を燃やします。これまでろうそくを立てたことがない生徒が多くいたので、良い経験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチールウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄粉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて同じ鉄からなるものですが、空気の触れ方の違いにより燃え方が異なる様子を観察することができました。結果は予想通りだったでしょうか。

最後に花火を燃やしました。不思議な花火で火花を触っても熱くありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄の燃焼も化学反応の一つですが、実験を通して身近なものに感じられ、理解が深まったのではないでしょうか。これからも化学を難しく考えず、気軽な気持ちで楽しく勉強していきましょう。

「生物基礎」DNAの抽出実験

2年生「生物基礎」でブロッコリーを用いたDNAの抽出実験を行いました。ブロッコリーのつぼみ部分をはさみで切り取り乳鉢に入れます。冷凍したもので少し冷たかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り取ったつぼみを乳棒でしっかりとすりつぶします。このすりつぶしが今回の実験で重要なポイントとなるので皆しっかりと行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員の説明も集中して聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食塩水を加えた後、ガーゼに移してしぼりとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたDNA抽出液に冷えたエタノールをそっと加えると白い糸状のDNAがでてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い糸状のDNAをスポイトでろ紙にのせて、酢酸オルセイン溶液で染色します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤く染まったDNAを確認することができました。

 

 

 

 

 

 

実験は片づけまでが重要となります。班で協力して、使用した器具の水洗いから実験台の水拭きまで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回この実験を5クラス行い、全員がよく手を動かしてしっかり取り組めました。実験結果は各々異なりますが、自分で出した結果をまとめることが大切です。これからも続けて頑張りましょう。

「選択生物」アルコール発酵実験

3年生「選択生物」で、2種類の糖と酵母イーストを用いてアルコール発酵の実験を行いました。まず各々の糖を正確に秤量して溶液を作ります。

これらの溶液をキューネ発酵管へ空気が入らないようにゆっくりと注ぎ、お湯の入った桶に入れて発酵が始まります。発酵により生じる気体の体積を1分毎に読み取ります。気温が高いので発酵の進み具合が早いです。

発生した気体の確認で、水酸化ナトリウムと反応した二酸化炭素により、指が吸い寄せされることがわかりました。

次にもう一つ発生したエタノールについてヨードホルム反応で確認します。

今回の実験で、指が吸い付けられたり、溶液の色が変化したり様々な結果が得られて、楽しく実験が進められました。実験は、試行錯誤を繰り返しながら、興味深い発見につながることが数多くあります。これからも色々な実験に挑戦をして楽しんでいきましょう。

「生物基礎」体細胞分裂の観察実験

2年生「生物基礎」で、ネギ発芽種子を用いた体細胞分裂の観察実験を行いました。まず染色液の準備をします。その中へネギ発芽種子を一つずつ丁寧に移し染色を行います。

染色を行っている間に分裂期の復習です。しっかり各時期の染色体の様子を頭に入れておきます。

水洗いをしていよいよプレパラートを作ります。種子のわずかな根端を切り取るため少し苦戦しています。

分裂している細胞が多く見つかるとよいのですが、顕微鏡をのぞいて一生懸命探しています。

間期の細胞が多く観察できたようですが、様々な分裂期の細胞が見えて感動している生徒もいました。今回、自分で作成したプレパラートを観察できたことがとても良かったと思います。また顕微鏡で色々なものを観察していきましょう。

「第4回たんぼラグビーin富士見南畑」に参加してきました

「第4回たんぼラグビーin富士見南畑」に本校教諭1名と生徒4名が富士見高校として初めて参加しました。

 当日は市内外から約130名が参加し、子供も大人も泥まみれの中、ラグビーを楽しみました。本校の生徒も当初は田んぼに入ることや泥だらけになることを嫌がっていましたが、試合が始まるとその思いもなくなり、夢中で楕円球を追いかけていました。

 地域事業に積極的に参加し、地域の人々との交流を通じて富士見高校がさらに地域から信頼される学校へと成長できればと思っています。また、田んぼラグビーに参加するにあたり、ご協力いただいた保護者、生徒の皆さんありがとうございました。

ラグビー会場の田んぼ田んぼラグビーに参加してくれた本校生徒4名

快挙!!!『彩の国ビブリオバトル 2022』にて準優勝!!1

10月29日(土)に『彩の国ビブリオバトル 2022』がさいたま市の彩の国すこやかプラザにて行われ、本校より校内の予選を勝ち抜いた、小林 浩君(3年)が代表として出場し、優勝は逃したものの、見事、準優勝という快挙を成し遂げました。コロナ禍ということもあり2年ぶりの開催となったこの大会ですが、2019年に開催された本大会では、埼玉県代表者が全国大会でも優勝!という快挙を成し遂げ、埼玉県のレベルも年々上がってきています。

 そもそも、『ビブリオバトル』って何??方のために簡単に説明させていただくと、自分のお薦め本を5分間という、限られた時間の中で聴衆者にプレゼンし、聴衆者は自分の読んでみたいと思える本に投票するというもので、極めてシンプルな大会で、別名「知的書評合戦」とも言われています。

そんな大会に今回、本校より出場した小林 浩君(3年)が、予選グループをトップ通過し、残った決勝戦で見事、準優勝という結果を残してくれました。最近は明るいニュースがあまりなかった本校に素晴らしいニュースを届けてくれました。

小林君(3年)本人にこの快挙について聞いてみると、

『そもそも、こんな結果になるとは想像しておらず、(予選で終わって早く緊張から逃れよう。)という気持ちの方が強かった。』と言っており、本人でも《まさか》という気持ちのほうが大きかったみたいです。

引率してくれた先生も、

『決勝戦では、会場も、聴衆者も増えて緊張が伝わってしまっていた。私の後ろに座っていた、他校の先生にも(決勝で、(くじ引き上)トップバッターで緊張してたね。予選のまんまできたらわからなかったかもね)と言われました。』と言っていたので本当に「おしい準優勝」だったみたいです。

小林君(3年)は今年度で卒業していってしまいますが、是非とも、この経験やその知識を残された後輩達に伝え、残していってもらい、次こそは優勝できるように本校でも取り組んでいきたいと思います。

 

富士見高校野球部 初戦劇的勝利

 10日(日)に行われた高校野球の初戦で蕨高校と対戦し、9-8の逆転サヨナラ勝ちで3回戦へと駒を進めました。多くの方の応援、ありがとうございました。

3-4で迎えた7回に4点を奪いリードしたものの、8回に4点を奪われ逆転を許し、7-8で9回裏。最後まで諦めないプレーで9回に2得点をあげ、見事勝利しました。この試合については、11日(月)の埼玉新聞の8面に大きく取り上げられていますので、ぜひご覧ください。

 

埼玉新聞2022年7月11日付 8面

埼玉新聞2022年7月11日付 8面

令和4年度始業式・入学式

本日は午前中に始業式がありました。感染症対策のため、放送での始業式でしたが、校長先生から今年一年の目標をもって学校生活を送るようお話がありました。そののち、2・3年生の新クラスの発表もあり、全員で気持ち新たに新年度を迎えました。

午後は入学式が挙行されました。今年度も保護者様は各家庭1名のみの参加とさせていただきましたが、無事に新入生を迎えることができました。教職員も精いっぱい手伝いますので、3年間充実した高校生活が送れるよう、これから頑張っていきましょう。

 

令和3年度3学期終業式

 3月24日(木)、3学期終業式が行われました。密を避けるため、今回も放送によるものとなり、生徒の皆さんは各教室で静かに放送を聞いていました。

 本年度は昨日で終了しました。2週間の春休みを経て、皆さんは学年が変わります。来年度に向けてしっかり準備をしましょう。ボーっと過ごしてしまうのはもったいないです。校長講話にもありましたが、小さなことからでも意識して取り組んでいくことが、先に大きな差となって表れてきます。春は何かを新しく始めるのにとてもいい季節です。自分自身の進路実現という目標を見据え、できることからコツコツと取り組んでいきましょう。

 

教室で先生の話に耳を傾けていました。

 

校長講話および表彰

大規模展開!!進路ガイダンス!!!

 3月16日、1・2学年合同の進路ガイダンスが、感染症拡大防止対策を取りつつ実施されました。

 今までも何度か進路ガイダンスは行われてきましたが、年度が切り替わるこの時期には特に規模の大きなものが毎年行われています。通常時より細かくブースが分かれており、より自分の進路希望に沿った説明を受けることができました。

就職希望者ガイダンスも細かく分かれます

 

 2学年は進路の決定までもう半年程度しかないため、特に熱心に話を聞いていました。その真剣な雰囲気は1学年の生徒にも、いい刺激になっていたと思います。

 進路決定は悩ましいものですが、自分の将来の可能性を広げるチャンスであり、希望に満ちたものでもあります。たくさんの人に相談し、悩み、慎重に決めてもらえればと思います。

 

 

 ガンバレ、富士高生‼

 

 

 

 

令和3年度卒業証書授与式

 3月11日(金)、令和3年度卒業証書授与式が行われました。天候にも恵まれ、春の暖かな日差しが心地よい、素晴らしい卒業式日和となりました。

 生徒たちはいつもとは違い少し緊張した面持ちで、ただ同時に晴れやかな表情で登校していました。

 今年度の卒業生は新型コロナウイルス感染防止対策により、学校生活に様々な制限がかかってしまった学年でした。しかしその中でできることを考え工夫し、全力を投じたという経験は、他の世代にはない、皆さんの将来に大きな武器となることでしょう。

 

 皆さんの可能性は無限に広がっています。自分の力が最大限発揮できる道を見つけ、活躍してくれることを願っています。

 

新学期スタート

 

 2022年がスタートしました。本校は1月7日(金)に3学期始業式を実施しました。

 まさか2022年初日の登校がこのような景色の中になるとは思いもしませんでした。前日の降雪の影響により路面が凍結する足元の悪い中、生徒も教員も頑張って登校しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年度も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各学年の分散実施という形となりました。校長・生徒指導主任講話の後に学年の教員から3学期の過ごし方についての注意がありました。「見通しを立てて生活する」ことで、自分が今何をする必要があるのか・何をすることができるのかを考えていくことが大切だ、という話を生徒の皆さんと一緒に聞いて、「ボーっと生きていてはダメだ」と筆者自身も反省してしまいました。

  3学期は短く、あっという間に学年末考査、そして次年度への準備となります。ただし、この短い時間でも成長することは可能です。1つ1つのことに真剣に取り組み、有意義な3学期になることを祈っています。

校長講話

 

生徒指導主任講話

進路進路進路!!

 冬休みを直前に控えた12月22日、富士見高校では各学年で進路活動を行いました。1・2学年は卒業後の目標実現に向けて系統別学校説明会と進路講演会を受け、3学年は卒業後の生活を見据え、消費者講座を受講しました。

 筆者は所属する1学年の活動を見学しました。系統別学校説明会では各学校の概要のほかに、入試に関する説明がなされていました。どの分野にも共通していたのは「高校生活の中でコミュニケーション力を上げていってほしい」というものでした。面接試験で人間性を重視する傾向が高まる中、しっかり話すことができる力が求められているということが印象的でした。志望動機講演会では、考え方と書き方についての講義が行われました。筆者が就職活動の時に自分で調べなくてはならなかったことを講師の先生に、丁寧にわかりやすく説明していただきました。自分の時にもこういった活動があればなぁと羨ましく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この富士見高校の充実した進路活動が、生徒の皆さんの卒業後のサポートになることを確信しています。

「進路は絶対富士見」!!!

楓樹祭、来たる‼

 本日(12月17日)、本校では楓樹祭(文化祭)を開催しました。コロナウイルス感染防止対策のため、校内だけの公開、外部の方の立ち入り禁止という中ではありましたが、全クラス・全生徒が熱心に取り組み、楽しんでいました。

 ごく一部ではありますが、写真にて文化祭の様子をご覧になっていただければ幸いです。

各クラスで作成した横断幕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1学年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2学年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3学年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化部の展示

 

書道部のパフォーマンス

 

来年こそはお客様をお招きして、大いに盛り上がりたいですね。

 

体育祭開催‼

 11月19日(金)、天候にも恵まれ、暖かな日差しの下、学年別体育祭が行われました。

朝から

1学年 ⇒ 2学年 ⇒ 3学年

の順番で行われ、各学年ごとに白熱した競技を繰り広げていました。学年が上がるごとに、一競技一競技の熱さが上がってきていたのは、流石上級生、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3学年の先輩の雄姿を1・2学年の生徒が見ていないのは残念ですが、来年度以降の体育祭では、今年の3年生のように後輩を驚かせるような完成度にしてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

教員チームも一生懸命頑張りました…

学年別体育祭に向けて

 11月19日(金)に、富士見高校では学年別の体育祭が予定されています。コロナウイルス感染防止対策のため「学年ごと」に時間差で行うこととなりますが、少しずつ学校行事が開催できるようになり、うれしい限りです。

 本校では各クラスが横断幕を作成し、体育祭や文化祭等の行事で使用します。行事の開催ができるようになってきたことから、今年度の作成が始まりました。

 放課後に残って一生懸命作業を行っているクラスの様子を写真に撮らせてもらいました。私たち教職員としては、こういったときに、普段とは違った生徒の表情や様子を見ることができるので、とても楽しみです。

 無事に体育祭が開催され、各クラスの横断幕がズラリと並ぶ光景が待ち遠しいですね‼

 運営本部

 

 

遠足に行ってきました!!

 11月に入り朝晩の寒さが感じられるようになってきました。また、日々の新型コロナウイルス感染者数がほぼ1桁をキープしているというニュースを聞き安堵するとともに、このまま終息へと向かってほしいと思います。

 

さて、この感染症の勢いが落ち着いてきたことで、いままで延期していた学年の遠足をついに実施することができました!!

感染防止対策のため、電車での移動ではなく、クラスごとにバスで目的地まで移動をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バスに学校名・クラス名が表示されているのを見て、コロナ禍前の当たり前の生活が徐々に戻ってきている雰囲気を感じ、涙が出てきそうでした。

 筆者の所属する1学年は東武動物公園へ行ってきました。

 生徒たちにとっては初めての校外行事であり、班別で園内を楽しそうに回っていました。クラスメイトと何かを楽しむという行事が少なかったため、いい機会になったのではないでしょうか。クラスの団結を図るとともに、このモチベーションを学習面にも向けてくれることを期待しています…。

 このままコロナウイルスが終息し、例年通りの学校活動、行事が行えることを切に願うばかりです。

食堂利用日記2

 10月も中盤に差し掛かり、朝晩はかなり涼しい気候になってきました。コロナウイルスの新規感染者数もかなり落ち着いてきているとの報道で、感染防止を図りながら元の生活を取り戻すために学校も準備を進めています。

 学校は通常時程に戻っており、同時に学食も再開をしました!!!

前回の食堂日記にも記した通り、学食のスタッフの方々が食材のカットの仕方や彩り等、1つ1つこだわって調理をしています。生徒・教職員ともどんどん利用してもらいたいですね。

 

 筆者は新作のガパオライスと冬瓜のスープを食べてみました。ひき肉を炒めナンプラーで味付けをした本格的な香りで、食べやすいピリ辛に仕上げてありました。目玉焼きも半熟に仕上げてあり、ひき肉と絡めて食べるとまろやかなおいしさが広がります。スープも冬瓜に味がしっかりとしみ込んでおり、片栗粉でとろみのきいた味わいは寒くなってくるこの季節にうれしいです。

ほかにも2学期からの新作が販売されていますので、ぜひ試してみてください。

 

            新作のガパオライス

 

 

 

 

 

 

 

 

部活動一部紹介

 9月も終盤にさしかかり、朝晩は過ごしやすい気候になってきました。

 まだ緊急事態宣言下で、部活動の活動制限が多い中ですが、本校は運動部だけでなく文化部もしっかり活動しています。今回は美術部の活動をのぞかせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 油絵を中心に、各生徒が意欲的に創作活動を行っています。顧問の先生の熱の入った指導・アドバイスを受け、手直しをし、自身の作品をより良いものへ創り上げていっている様子が印象的でした。

 

 本校には美術部の生徒の大作があちこちに展示されています。学校説明会等で本校にお越しいただく際には、ぜひご覧ください。

 

展示中の作品の一部

2学期スタート!!

9月1日(水)に、2学期の始業式が行われました。

新型コロナウイルス感染防止対策のため、各学年が分散して登校し、それぞれ体育館で始業式を実施しました。

本来ならば全校で集合し、来たる文化祭への士気を高めたかったところでしたが、この厳しい状況下では難しく、残念でなりません。

ただ、昨年登校自体ができなかったことを考えれば、毎日生徒の皆さんが登校してきてくれることをありがたく思います。

本校は2学期から二酸化炭素濃度測定器を各教室に設置しました‼数値を可視化させることで、効率よく換気を行うことができ、安全な学習環境を作れると思います。

また9月2日(木)に、3年生は進路行事を行いました。分散登校で、生徒の皆さんは学校がスタートした感じがしていないかもしれませんが、進路活動は待ってくれません。自分の進路に向けて計画的かつ入念に準備をしていきましょう。

コロナ禍が続く中、生徒も教職員も気苦労が絶えませんが、富士見高校一丸となって対策していきましょう‼‼

 

校長より

 

生徒指導主任より

 

各教室に設置したCO₂濃度測定器

書道パフォーマンス

 オリンピックが開幕し、連日白熱した戦いが放送され、日本人選手の活躍に心が躍ります。

 ここ富士見市では、レスリングのセルビア代表選手団がトレーニングを行っていました。日本文化の紹介、また選手団への歓迎・エールのため、本校の書道部の生徒がパフォーマンスを披露しました。日本語だけでなく、セルビア語のメッセージも披露し、選手団は大いに楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道部の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

ps. この時の映像が、夕方のNHK関東ニュースで報道されました!!!!

1学期終業式

 7月20日(火)、1学期の終業式が行われました。

 新型コロナウイルス蔓延防止対策のため、今回も全校集会という形ではなく、各教室で放送による式となりました。

 校長講話に始まり、生徒指導部長講話、養護教諭による保健の話、部活動や検定試験合格者等の表彰と盛りだくさんでした。

 

こまめに消毒。放送室は感染対策もばっちりです!!

 

 夏休みは長い分、その期間で実力を大きく伸ばすことができる人もいれば、そうではない人もいます。過ごし方一つで大きく差をつけることができる貴重な時間です。ぜひ皆さんの成長した姿を、2学期の始業式の日、我々教職員に見せてほしいと思います。

 

球技大会が開催されました

 7月13日(火)、14日(水)の2日間で球技大会が行われ、女子は体育館でドッジボール、男子は校庭でソフトボールの試合を行いました。前日には雷・ゲリラ豪雨の予報が出る中、開催が不安視されていましたが、何とか最後の決勝まで実施できました。生徒あるいは教職員の中に天気に恵まれている人がいるようです。新型コロナウイルス蔓延防止対策のため、他のクラスの友達の応援や同じクラスの男女間の応援・観戦等はできなくなりましたが、上級生はそのような状況下でも白熱した試合をし、盛り上がっていたのはさすがでした。1年生も雰囲気に飲まれないよう頑張ってほしいと感じました。

 なかなか例年のような形で行事が行われない中、生徒達が楽しそうに試合をしている様子は、こちらも観ていて暖かな気持ちになります。また次のイベントも無事に行われるといいですね。

食堂利用日記

 筆者は本年度より富士見高校に着任しましたが、本校の食堂のクオリティの高さに驚かされています。そこで今回は富士見高校が誇るべき食堂の様子を少し紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 現在は新型コロナウイルス蔓延防止対策により、食堂内での飲食はできませんが、その代わりに弁当等の持ち帰りメニューを充実させています。

 富士見高校の食堂はメニュー数が豊富で、筆者も把握ができていないほどです。なぜなら食堂の担当の方が「生徒が飽きないように」という思いから、新メニュー開発にも熱心に取り組んでおり、定番メニュー以外が頻繁に変わるからです!!

 どのメニューも手が込んだ作りであり、「メインのメニューは出来合いのものを使わない」ということで、食材の下ごしらえからすべて食堂のスタッフで行っているというこだわりぶり。千切りの細かさや飾り切りなど、確かな技術と気配りが感じられます。どのメニューも500円以下で購入できます。スイーツや豚汁等は時々の販売で、どちらも生徒からも大人気です。まだ食堂を利用していない生徒は、ぜひ2学期から試してみてください。

商品陳列中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気のオムハヤシ

激レアスイーツメニュー

 

 

 

 

 

 

 

     オムライス等              限定スイーツ

薬物乱用防止教室が行われました

 6月14日(月)、1学年を対象に薬物乱用防止教室が実施されました。(他学年はまた別日に行われる予定です)

 NPO法人埼玉ダルクより講師の方にご来校いただき、ご自身の体験を元に薬物中毒の症状や、薬物がどのように近づいてくるのか、具体的なお話を頂戴しました。ご自身が薬物に手を出してしまったときの状況や、その後やめたくてもやめられなくなってしまった話等、映像でまとめられたものではない生の声を、生徒は真剣な様子で聞いていました。筆者も、薬物は我々の身近に潜んでおり、心の隙を狙って迫ってくるという恐ろしさを改めて感じました。また「薬物乱用者の行き着く先は”刑務所・施設・墓場”の3つである」という言葉は強く印象に残っています。また薬物が近づいてこないためには、「朝起きてご飯を食べて、昼は学校に行き、夜は寝るといった、あたりまえの生活を送ることこそが大切である」ということでした。私たち教職員は、生徒に危険が迫らないようにするために、粘り強く指導をしていかなくてはならないと再認識しました。

 この講話を受けたことから、自分たちの生活スタイルを見直し、薬物乱用が近づいてこない、規則正しい健全な生活を送りましょう。

 

富士見高校の進路活動

 今回は6月15日(火)に、2学年・3学年でそれぞれ行われた進路活動について紹介します。

 2学年は早め早めの準備として、自身の興味のある分野の進学先をパンフレットから探し、学校見学ワークシートに必要事項を記入して、実際に見学に行く時に気をつけなくてはならないことや、事前に調べる必要があること等を確認していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 3学年は進路活動が目前に迫っていることから、進学希望者と就職希望者に別れ、それぞれでガイダンスを行いました。下の写真はそのときの様子を撮影したものです。

就職者希望者ガイダンス  進学希望者面接対策

 

 

 

 

 

 

 

  進路で不安なことや相談したいことがあれば、学校をどんどん利用してください。富士見高校は進路指導を充実させており、担任や進路指導部の教員を始め、多くの教職員が進路実現に向け、きめこまかくサポートしています。

「進路は絶対富士見!!!!」

心肺蘇生法講習会

6月10日(木)、3者面談特編授業期間の午後の時間を用い、部活動所属の生徒と教職員を対象としたAED講習会が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

3名の救急隊員の方々にお越しいただき、胸骨圧迫までの流れの確認や圧迫のリズム、AEDが届いてからの動きについて詳しく教えていただきました。また気温が30℃に到達し始めたこの時期に注意したい熱中症の諸症状や対応についての講義も併せていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

この講習で学んだことを発揮する機会がない、というのが理想ではありますが、hi必要になった時に慌てずテキパキと動けるようになるには、こういった体験・学びの大切さを実感します。家族や友人を助けることができるよう、時々復習するなど、入念に準備をしましょう。

 

ICT活用準備中

 5月28日(金)、予定されていた学年別体育祭はグラウンド状態により、残念ながら中止となってしまいました。そのため体育祭に替わり午前中4時間授業を受け、生徒達は下校となりました。

 その下校した午後の時間を利用し、全校生徒を対象とした”Google Meet通信状況調査”を行いました。コロナウイルスまん延防止等重点措置も延長され、いつ通常通りの生活に戻れることが見通せず、さらなる制限も懸念されている状況です。今回接続確認を行い、今後もし休校措置等がとられた場合に、オンライン上でコミュニケーションが取れるよう検討していきます。

 本校がすでに導入している”スタサプ”も併せて使用することで、休校になってしまった場合だけはでなく、普段からの学習をさらに有効的に進めることができるようになることでしょう。

 授業だけでなく家庭学習においてもICTを活用し、効率よく学習できるように、生徒・教職員ともにがんばっていきましょう。

 

以下は1学年団の接続状況調査の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中間考査

 5月19日(水)から21日(金)までの3日間、1学期中間考査が行われました。1年生にとっては高校生になって最初の試験であり、3年生にとっては進路活動で重要な“評定”をあげる残り少ないチャンスだったため、学校全体が普段とは違う緊張感にあふれていました。(新学年になって最初の中間考査採点作業が始まって、職員室にも緊張感が漂ってきています。。。)

 試験期間中、1日あたり2科目前後の考査を受考し、昼には下校になります。いつもより早く帰っている分を、しっかり勉強時間に充ててくれたと思います。あまり徹夜など無理はせず、睡眠時間もある程度確保してほしいものでしたが、どうだったのでしょうか。

 今回の考査がうまくいった人も、思うようにいかなかった人も、次の考査に向けてどうしていくべきか、しっかりと見直し・反省を行って次へとつなげていきましょう!!

 

 

生徒総会実施

 連休の明けた5月6日(木)5限の時間を使い、生徒総会が行われました。昨年に続き、新型コロナウイルス感染防止対策のため、各HRで放送による実施となってしまいました。

  

   

 

 

 

 

 

 そのような中でも、生徒会や放送部の生徒、担当の先生方が中心となって総会を運営し、昨年度の事業報告や決算・本年度の予算案等の重要な議案について放送で説明を行いました。

 その後、各HRで採決をとり、廊下に待機していた運営の生徒がその集計作業に忙しく動き回っていました。

 

 

 校長先生のお話の中にもありましたが、生徒総会議案は生徒・教職員と学校全体が関わる大切なものになります。今年も教室内実施となりましたが、来年度こそ全校生徒が一堂に会した活気のある会が行われることを願っています。

 生徒会執行部の皆さんを中心とした運営の皆さん、お疲れ様でした。

 

  

「進路の富士見」

4月22日(木)の5・6限目の時間に、1学年は進路ガイダンスを実施しました。まだ新入生としての緊張感も抜けきらない中ですが、もう卒業後の進路へ向けての活動はスタートしています!!

 

 

 

 

 

 

5限では寸劇で“働くことの目的”、”フリーター生活のデメリット”についてわかりやすく説明していただきました。

 

 

 

 

 

 

6限の時間ではライセンスアカデミーより、~学習へのモチベーションUP~をテーマに講演をいただきました。生徒達は熱心に講演に耳を傾けており、これからの学校生活に生かしてくれることを期待します。

 

がんばれ、富士高生!!!

令和3年度入学式

4月8日(木)、令和3年度入学式が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染防止の観点から、保護者様は各家庭1名までとし、来賓の方の参加をご遠慮いただく等、規模を縮小した内容での実施にはなりましたが、無事に新入生を迎えることができました。

  

式の後には教室に移動し、初めてのHRが開かれました。新入生たちは緊張した面持ちでしたが、新たなスタートへの期待感に満ちている様子でした。

これから3年間、一緒にがんばっていきましょう!!!

生活講話

本日は感染防止のため1年次・2年次の2回に分けて、本校のOB(19回生)であるマジシャントミーこと、冨澤 貴明 氏による生活講話を実施しました。

トミー氏の挫折や成功の体験から「夢」・「いじめ」・「うつ病」・「人との出会い」・「努力と工夫」などをテーマにドラマジックの公演を行っていただきました。

生徒に夢を持つことや叶えようとすることの大切さを説いて、試練に立ち向かっていくひたむきなトミー氏の姿勢が、再現ドラマ映像と共に生徒をドラマジックの世界に引き込んでいきます。

「ドラマ」×「マジック」=「ドラマジック」

ステージが進むにつれてトミー氏の伝えたい想いが生徒の心に刺さっていくことがわかります。

途中で涙する生徒も、、

拍手喝采で公演が終了しました。是非またの機会にお越しいただきたいと思います。

公演終了後、生徒一人一人丁寧に見送るトミー氏。すばらしい先輩がいることが励みになったと思います。

 

進路ガイダンス

本日は、1年次・2年次合同での進路ガイダンスを実施しました。

大学、専門学校、公務員総合説明等を含めた43講座が開かれました。

それぞれ自分が選択したブースに分かれて、真剣な表情で説明を聞いていました。

30分を1コマとして1人3講座説明を受けています。

「進路は絶対に富士見」という学校の生徒に対する熱意が伝わる1日となりました。

自分の将来に見通しをつけて、新年度からも頑張ってほしいです。

 

令和2年度卒業証書授与式

3月12日(金)埼玉県立富士見高等学校第43回卒業証書授与式が厳粛な雰囲気の中、挙行されました。

新型コロナウイルスの感染防止のため、昨年と同様に規模を縮小した形での卒業式となりましたが、生徒の堂々とした姿や、清々しい表情にとても感動しました。

時には、辛い思いをし、たくさん悩んだこともあったと思います。

富士見高校で学んだことは社会に出た時に、必ず役に立ちます。

お世話になった保護者の方や先生、仲間達に感謝の気持ちを忘れることなく、これからの自分の未来をさらに切り開いてほしいと思います。

本日はご卒業おめでとうごさいます。

(担任の先生への花束贈呈)

近隣学校交流会(2)

 今年度2回目の交流として富士見特別支援学校高等部のみなさんと交流しました。

 内容はZoomを使用したオンライン交流で音あてゲームやジェスチャーゲームなどを行いました。

 手作りで問題を作成する有志生徒の様子です。

はじめは緊張していましたが、最後は楽しく交流している様子が見受けられました。

 今年度は直接交流することが難しく、例年にはない形での交流となりましたが交流会を無事に行えることができてよかったと思います。

来年度また交流できることを楽しみにしています。

学年別体育祭

 新型コロナウイルに対する感染対策を徹底し、学年別のプチ体育祭を開催しました。

 

コーンバーをバトン代わりにしたソーシャルディスタンスリレーや人との間隔を保った5人制綱引き、人数制限したクラス対抗の8の字飛び記録会など、学年や体育科で工夫した体育祭を無事に終えることができました。

 

 来年度は富士見高校生のパワー溢れる体育祭を全学年で行いたいものです。

 

近隣学校交流会

毎年、地域の方々との関わりや親睦を深める機会として、富士見市内の学校との交流会を実施しています。

今年度は新型コロナウイルスの影響により規模を縮小し、感染予防に留意しながら富士見特別支援学校中学部の生徒と交流しました。

本校の吹奏楽部と合唱部のコラボレーション演奏動画を作成し、プレゼントしました。

内容:富士見特別支援学校校歌・パプリカ等

吹奏楽部のすばらしい演奏と合唱部の合唱+ダンスに生徒はとても喜んでいました。

(写真は動画撮影の様子)

合唱部部長の大橋くんと吹奏楽部部長の主税さんが学校を代表してプレゼント交換会(動画視聴会)に参加しました。

富士見特別支援学校中学部のみなさんからはメッセージと手作りのペンケースを頂きました。大切に使いたいと思います。

今年度は感染予防のため、深く交流することができずとても残念でしたが、またの機会にレクリエーション等の交流ができればと思います。

3学期には高等部との交流を企画しています。

富士見東中学校との募金活動

令和2年7月九州豪雨災害で被害を受けた方々への支援のため、9月24・25日の二日間、富士見東中学校生徒会役員と合同で募金活動を行いました。

集まったお金は、東中学校が埼玉新聞社・社会福祉事業団に寄付します。

本校生徒会役員は中学生をサポートしました。

2日間で9471円のお金が集まりました。

ご協力ありがとうございました。

2学期始業式

 例年より短い夏休みを経て、本日より2学期が始まりました。学校内には生徒の明るい声が戻ってきて、感染予防に心掛けながらも久しぶりに会う友人との会話も弾んでいるようでした。引き続き感染対策を守りながらの学校生活となりますが、一日一日を大切にしていきましょう。

3年生はオープンキャンパスや夏期講習など自分の進路実現のための期間となり、1、2年生は部活動等で充実した夏休みを過ごしました。

 

校長先生の話

生徒指導部長より

養護教諭より

終業式と同様に全校放送での始業式となりました。

生徒表彰

放送での表彰を教室で讃える

 

2学期も富士見高校生らしく元気に全力で頑張っていきましょう。

1学期終業式

本日、1学期終業式が全校放送で行われました。

校長講話では、「いろいろなことに対して見通しを立てる」・「できるだけ自分が良いと思うことを行い、自分が良くないと思うことを行わない」・「自分の学びもれの穴をうめる」という話をワークシート形式で生徒に伝達しました。

 

生徒指導部長講話では夏休みの過ごし方について、現在の日本の情勢をふまえながら、安全に生活を行うようにという話がありました。

保健環境部から感染予防と熱中症予防についての注意。

 

終業式終了後、各学年ごとに表彰が行われました。

校長先生と担任の先生が連携した全校放送での表彰式です。

 

3週間という短い夏休みですが、3年生は進路に向けて、1・2年生もそれぞれ自主学習や部活動など有意義な時間を過ごしてほしいと思います。

昼休みの様子

登校再開から1ヵ月が経過しました。新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあり、第2波が懸念される中、本校教員は児童生徒を守る取り組みを継続して行っています。

本日は昼休みの様子をご覧ください。

昼休みはリラックスして気の合う仲間と楽しく食事をし、午後の授業に集中するための時間です。

生徒は食事中の会話を控えるなど、ソーシャルディスタンスに留意した時間を過ごしています。

授業中と変わらない昼休みの様子です。

富士見高校の教室から賑やかな笑い声や、話し声が戻ってくることを願っています。

 

With コロナ。 コロナに負けるな!顔張れ(ガンバレ)富士高生!!

 

スタディサプリ説明会がありました。

本日は3時間の特編授業でした。

3時限目にはRECRUITの浜田さんに来校していただき、全HRに完備されているプロジェクターを通じての一斉リモート講義が行われました。

生徒は6月22日に校内で行われる到達度テストに向けての学習を開始しました。

スタディサプリ→通称スタサプ とても便利で画期的なツールだと思います。

15年前にもこのような学習ツールがあったらよかったなぁ~。

時差登校の開始

本日は各学年で以下の時間に登校する時差登校が実施され、集会がありました。

 

1年生  8時40分~

2年生 10時40分~

3年生 13時30分~

 

  

 

各学年団の教員紹介から始まり、学年主任、教務、生徒指導、進路の担当教員から話をしました。

 

 

  

 

お昼頃から気温も上昇し、体育館内はやや蒸し暑く感じられましたが、真剣に話を聞いている生徒の姿が見受けられました。

 

明日は出席番号の偶数・奇数に分かれての分散登校となり、課題テスト等が行われます。

 

臨時休校中に自主学習をした成果を是非とも発揮してほしいと思います。

 

 

開校記念日

本日は富士見高校の開校記念日でした。

明日から本格的に始まる分散・時差登校に備えて職員全体で校内清掃・消毒を行いました。

  

感染拡大防止の観点から、換気扇・扇風機・手洗い場などは重点的に清掃・消毒を行いました。

  

  

また廊下や階段などに対してフィジカルディスタンスへの配慮も

    

児童生徒が安心して授業を受けられる環境づくりを行い、校内美化を徹底していきたいと思います。

 

次回は授業風景などを投稿していきます。

職員会議の様子

 

※本日は第5回職員会議が行われました。

 

 

全職員マスク着用の徹底や手の消毒

会議環境に留意しながら体育館にて。

 

  

 

校長先生より学校運営上の指示・連絡があり、保健環境部から新型コロナウイルス感染症対応学校保健マニュアルか提示されました。

来週6月9日(火)から本格的に分散登校・時差登校が開始され、学力テストや各教科の授業も始まっていきます。

ウイルスから児童生徒を守りながら教員も、自分自身も守る意識を高めていく必要があります。

6月22日の通常登校に向けて学校・家庭・地域が協働・連携し、コロナに負けないように頑張っていきましょう。

 

 

 

分散登校・時差通学の開始

 

6月1日(月)に徹底した感染防止対策を講じた上で、分散登校・時差通学が始まりました。

本校では家庭と学校が連携して、朝夕の検温、咳等の呼吸器症状の有無及び倦怠感の確認を行っています。また生徒・職員のマスク着用の徹底や3密の回避を意識することで安心して登校できる環境づくりを今後も行っていきます。

     

 

1年生は(株)進路情報ネットワークの方々を招いて進路ガイダンスを行いました。

       

        

 

2・3年生は上級学校調べとして、8ブースに分かれて事前に請求していた学校のパンフレットを受け取り、調べ学習を行いました。また就職や公務員希望者は演習を行いました。

 

   

 

次回の登校は6月9日(火)で学年集会等が予定されています。体調管理をしっかりと行い、元気に登校してください。

 

 

卒業証書授与式

3月12日(木)、雲一つない晴れやかな空の下、埼玉県立富士見高等学校第42回卒業証書授与式が挙行されました。担任から一人一人呼名され、クラスの代表が登壇して校長から卒業証書を受け取りました。

新型コロナウィルスの感染拡大の防止のため、今年度の卒業式は縮小して卒業生のみの参加となりました。1・2年生が参加できない分、富士山がしっかり見守ってくれ、これから社会に向けて巣立っていく3年生の旅立ちを後押ししてくれる1日でした。

3年生の皆さん、卒業おめでとうございます!

※校長式辞は、メニュー「校長室」→「校長だより」に掲載しました。

予餞会

2月14日(金)、卒業する3年生へ向けた予餞会を行いました。

吹奏楽部、合唱部、有志団体からの発表、在校生が制作した装飾の紹介、また、3学年の教員から卒業生に送る教員企画が行われました。

それぞれの未来へはばたく3年生へ向けた、後輩、先生からの最後のはなむけを送ることができました。

PTA植栽活動

2月7日(金)、PTA役員の皆様が植栽活動を行ってくれました。

これから来る春に向けて、校門の緑に彩りを加えました。

登校する生徒は、パンジーの華やかな色合いに目を輝かせています。現在家庭研修中の3年生にとっても、卒業に向けた素敵な贈り物になりました。

1学年進路ガイダンス

1月23日(木)、1学年で進路ガイダンスが行われました。

2・3学年で行う進路選択に向けて、進学、就職といった様々な進路について知識を身に着けました。

進学については、「進学に必要な費用」についてのお話を聞き、保護者の方と今から相談していく必要があることを認識しました。

主権者教育

 

1月30日(木)、主権者教育と模擬選挙を行いました。

富士見市の選挙管理委員会の方々をお招きし、「若者の政治参加と地域づくり」と題して、10代の選挙の実情と投票に行くことの大切さについてお話をしていただきました。

続いて、架空の市長選挙をイメージし、立会演説会・投票・開票作業まで行いました。立会演説会では、3人の先生方が各々の公約について熱弁をふるわれました。

実際の選挙で使われる投票用紙・投票箱を富士見市からお借りして模擬選挙を行うことで、選挙についてより理解を深めることができました。

 

2学年道徳教育講演会

1月23日(木)、2学年で道徳教育「私の見てきた当たり前でなかった世界」と題して異文化理解についての講演会が行われました。

海外青年協力隊及びシニア海外ボランティアとして海外活動をしていた講師の方10名をお招きし、日本と外国の文化や環境の違いなどについて講演をしていただきました。

第8回あいさつ運動

1月17日(金)、PTAによる第8回あいさつ運動が行われました。

保護者教員で、登校する生徒を見守りました。

保護者の皆様が元気な声であいさつの声かけをしてくださいました。

道徳教育研究推進モデル校研究発表会

1月16日(木)、道徳教育研究推進モデル校として、道徳の公開研究授業実施しました。

「泣いた赤鬼」を題材にして、物語を深く読み込み、「友情」「思いやり」について改めて自分の考えを掘り起こすとともに、意見交換をすることで互いの友情観を発信・共有することができました。

始業式

1月8日(水)、3学期の始業式が行われました。

校長先生と生徒指導主任からのお話がありました。

校長先生のお話では、

・令和最初の新年を、 愛情を与える立場になったときのことを考える機会にしてください。
・コツコツと努力し、進級するときに「頑張った」 と言える3学期にしてください。

の以上2点の内容のお話がありました。


生徒指導主任のお話では、
・遅刻をした人が多かったので、遅刻しないように。
・2学期にも話した5つのルールを覚え守ってください。

の以上2点の内容のお話がありました。

校歌練習

1月8日(水)、3学期始業式の前に校歌練習が行われました。

新年を迎える堂々とした歌声を響かせました。

終業式

12月24日(火)、生徒の表彰、校歌練習及び2学期の終業式が行われました。

終業式では校長先生と生徒指導主任からのお話がありました。

本日で令和元年の授業日は終わり、明日より令和2年の1月7日まで冬季休業となります。

良いお年をお過ごしください。

球技大会

12月18、19日にかけて、全校でクラス対抗の球技大会が行われました。

男子はサッカー、女子はバスケットボールを行い、各クラスの生活で培ったチームワークを活かして競技に取り組みました。

表彰は、

男子 優勝 3年5組

  準優勝 3年6組

   3位 1年6組

      2年7組

 

女子 優勝 3年1組

  準優勝 3年6組

   3位 1年2組

      2年5組

でした!

表彰されたクラスの皆さん、おめでとうございます!

 

 

富士見市長に「提案書」を提出しました。

 本年度の夏休み中から、本校生徒会の生徒は、富士見市議会議員の方々と意見交換会を実施してきました。

 このほど、「(1)通学しやすい安全な環境づくり (2)道路と公共交通の充実 (3)若者の視点を活かし、ふるさと祭りに更なる賑わいを (4)駅周辺のにぎわい」の4項目からなる「提案書」がまとまり、11月28日(木)、富士見市長さんに提出して参りました。

 この取組から、様々なことを考え、多くのことを学びました。この貴重な経験から得られたことを、多くの生徒たちに還元してくれるものと期待します。

 11月29日には、富士見市議会議長さんからお礼状を頂戴しました。皆様どうもありがとうございました。

 

道徳教育講演会

 本校は埼玉県教育委員会より、昨年度から本年度の2年間にわたる道徳教育推進校の指定を受けています。その活動の一環として、道徳教育講演会を実施しました。講師は、元警察官のラポール・トーク・コミュニティ代表の内藤祐先生です。先生は、警察官として、非行少年の更生や不登校・ひきこもりの悩み相談などのご経験をお持ちで、今回は「《命を大切に》この言葉の意味を理解していますか?」を演題にご講演くださいました。

 講演会の冒頭、校長先生から、「まず、自分の命を大切にして欲しい。それが他の人の命を大切にすることにつながる。」と、挨拶がありました。

 

 

マラソン大会!

 霧雨の降る天候の中、マラソン大会を実施しました。開会式では、校長先生から、「積み重ねてきた力を発揮し、“自分との闘い”に挑戦してください。」と、お話がありました。

 天候を睨み、スタート時間を繰り上げ、女子が9:20、男子が9:40に元気にスタートをきりました。

 女子は5km、男子は10kmのマラソンに挑みます。 

 

 準備運動をしっかり行い、身体を温めます。

 

 PTAの保護者の皆様が、ゴールした生徒にジュースを配ってくださいます。

 

 

 男子のスタート直後、雨が強く降ってきたので、予定を変更し、男子の距離も10kmから5kmに変更しました。

 

 

 女子が続々と戻ってきます。

 

  

 男子は距離が予定の半分になったので、ちょっと余裕があります。

 マラソンが終わって、体育館で表彰式が行われました。

  

 

 

第6回あいさつ運動

 PTAの保護者の皆様のご協力のもと、今学期3回目となる第6回あいさつ運動を実施しました。今季一番の冷え込みと予報されていた寒さの中、元気にあいさつ、声掛けをくださり、ありがとうございました。生徒は今日のマラソン大会に向け、元気をもらっていました。

 

 

 

第45期 生徒会役員選挙の立会演説会

 11月21日(木)、第45期生徒会役員選挙の立会演説会を行いました。

 まず、生徒会長候補の冨沢さんの応援演説を、現生徒会長の高濱君が担い、全校生徒に伝えられました。会長候補の冨沢さんは、これに応えるように自らの意欲と展望を生徒に伝えました。続いて、副会長候補の関谷君を後藤君、事務局長候補の長谷川さんを山田君が、人物について紹介し、応援しました。関谷候補、長谷川候補ともにこれに応え、抱負を語りました。演説の後は投票、開票、集計し、結果は放課後に掲示されます。

 

 

 

 

令和元年度「未来を拓く『学び』プロジェクト」公開研究授業

11月8日(金)に、「未来を拓く『学び』プロジェクト」の公開研究授業を実施しました。

本校の6名の先生が、「協調学習」の知識構成型ジグソー法を取り入れた授業をつくり、実践しました。

授業では、生徒が相互に話し合い、考え、学び合いました。

研究協議では、ご来校いただいた東京大学CoREF協力研究員、埼玉県教育委員会、富士見市教育委員会の方々や県内外からご参加くださいました先生方から貴重なご意見・ご指導を頂戴しました。

富士見高校では、今後とも授業改善に取り組んで参ります。

 

「2019富士見ふるさと祭り」に参加しました。

10月26日(土)に「2019富士見ふるさと祭り」が開催され、本校の生徒会の生徒と演劇部員が、ボランティアスタッフとしてお手伝いさせていただきました。また、「みんなで踊ろう!ふじみ音頭2019」の表彰式では、「High テンションDanceだったで賞」をいただきました。

進路ガイダンス

10月31日(木)、2学年で進路ガイダンスが行われました。

複数の進路候補の話を聞くことで、自分の進路についてより具体的に比較検討することができました。

令和元年度「未来を拓く『学び』プロジェクト」公開研究授業

 11月8日(金)に、本校で「未来を拓く『学び』プロジェクト」における後期公開研究授業を実施します。当日の詳細とお申込みについては、ご案内通知データを次に掲載しましたので、ダウンロードしてご活用ください。
 多くの先生方のご来校をお待ち申し上げます。

w20富士見高校_R011108公開授業.pdf

富士見高校生徒会と富士見市議会との第2回意見交換会

 去る7月31日(水)に開催された第1回に引き続き、10月4日(金)に第2回めとなる富士見市議会の方々との意見交換会を開催しました。前回の意見交換会で交わされたことをブラッシュアップし、いよいよ富士見市長への提案書を完成します。みんな張り切っています。

富士見高校生徒会と富士見市議会との第2回意見交換会

富士見高校生徒会と富士見市議会との第2回意見交換会

富士見高校生徒会と富士見市議会との第2回意見交換会

教育実習が終了しました。

 9月9日(月)~10月1日(火)の3週間にわたって本校卒業生が、未来の教員を目指し、教育実習に来ていました。研究授業も無事に終わり、3人ともほっとしていることでしょう。ほぼひと月近い実習期間中には、楓樹祭(文化祭)もありました。これからまた大学に戻って、いい先生になるためにさらに勉強を重ね教員として母校に戻ってきてください。

  

始業式

9月2日(月)、始業式が行われ、生徒に向けて以下のお話がありました。
校長講話では、楓樹祭や部活を通して絆を深めましょうと、お話くださいました。
生徒指導主任のお話では、
・生活リズムを元に戻し、遅刻等ないようにしてください
・夏休み前に約束したことを、もう一度よく思い出してください
・学校外でのルールやマナーを守りましょう
・自分が周囲の人に何をしてあげられるか考えよう
・今までの努力を継続し、今までできなかった努力は、これからできるようにしていこう
主に上記5点についてお話くださいました。
また、生徒会から、楓樹祭生徒会企画「とどけたい想い」についての紹介がされました。

 

人権教育講演会

9月18日(水)、人権教育講演会が行われました。
①オリンピックとパラリンピックと人権、②拉致問題にかかわる人権、③子供の人権(いじめの問題)について、映像を通して学びました。

 

 

校歌練習

9月2日(月)、始業式前に校歌練習が行われました。
夏休み明けの久しぶりの練習でしたが、一生懸命に練習に励むことができました

生徒表彰

9月2日(月)、以下の生徒表彰が行われました。
・4月到達度テストの成績優秀者
・未来を担う私たちの主張大会 優秀賞
・伊藤園お~いお茶新俳句大賞 佳作
・全商ビジネス文書実務検定 第1級(速度部門)
・全商ビジネス文書実務検定 第2級
・野球部表彰
の表彰が行われました。

表彰されたみなさん、おめでとうございます!


「未来を担う私たちの主張大会」

8月25日(日)に開かれた「未来を担う私たちの主張大会」で、富士見高校の木村空蘭さんが優秀賞(教育長賞)に選ばれました!
木村さんは「固定観念に縛られず、自由で広い視野をもって自ら考えていくことが大切であり、それがこれからの私たちに求められる力です。」という思いを発表しました。
優秀賞、おめでとうございます!

楓樹祭スタート!

本校の文化祭、第44回楓樹祭が始まりました。今年のテーマは「輝く idea 飛び出せ imagi」
です。昨夜無事に設置を完了した大迫力の校門アーチが、皆さんをお迎えします。
今日は校内のみの公開で、12:20から開会式が行われました。
開会式のオープニングでは、吹奏楽部の演奏と、演奏にのせた男子のパフォーマンスが花を
添えました。
校長挨拶に続き、生徒会長挨拶、楓樹祭実行委員長から挨拶がありました。
校長挨拶では、「おもてなしとおもいやりの心でお迎えしましょう。」のお言葉に加え、
「秋晴れや 心に残る 楓樹祭」と詠われ、文化祭の大成功に期待が寄せられました。
ご挨拶の後、各団体から発表内容についての紹介がありました。

9月14日(土)の一般公開は、10:00~15:00です。
ただし、入場時間は10:00~14:30となります。






風樹祭準備

9月12日(木)、楓樹祭の準備が行われました。
生徒たちは、自分たちの考えた企画を明日の楓樹祭で披露するため、協力しながら準備に取り組みました。


楓樹祭について

9月14日(土)に本校の文化祭「楓樹祭」の一般公開を、10:00~15:00(入場は14:30まで)に
おいて開催します。
多くの皆様にご来校いただき、本校生徒の学びの成果と生き生きとした様子を是非ご覧いただけたらとお待ち申し
上げます。
 

部活動体験

7月29日、7月31日、8月2日にかけて、中学生対象の部活動体験が開かれました。
高校の部活動の様子を体験することで、高校進学に向けた進路選択の力にしてもらうという取り組みです。
高校生自身も中学生に部活動について教えるという経験を通して、先輩としてのマナーや後輩との接し方を学ぶことができました。




PTA研修

7月27日、PTA本部役員の保護者の方と本校職員によるPTA研修が行われました。
午前中はサントリービール工場に、午後は国立西洋美術館に行きました。
保護者の方と職員の連帯感を高め、今後の教育活動に対する団結を深めることができました。

学校説明会

7月25日、学校説明会が行われました。
来年度高校に入学する受験生に向けて、学校の特色・仕組みの説明や、本校生徒の活動の公開などがされました。

第1回 富士見高校生徒会と市議会議員との意見交換会を開催しました。




 7月31日(水)、本校に富士見市議会議員の方々にお越しいただき、「富士見市の良いところ・悪いところ」をテーマに意見交換会を開催しました。
 冒頭、市議会について議員さんからご説明をいただき、高校生が加わる市議会の取組について、他の自治体での例なども教えていだきました。
 その後、グループに分かれ、事項紹介をして、テーマに沿った意見交換が行われました。本校生徒も高校生の視点から、積極的に意見を述べていました。
 ここで交わされた意見は、今後さらにブラッシュアップし、10月4日(金)に予定の第2回の意見交換で現状・課題・解決策を導き出し、市への要望書を作成します。
 なお、今日の意見交換会は、ジェイコム埼玉で8月7日(水)午後5時、9時、10時、11時に放送されます。






終業式・生徒表彰

7月19日、終業式と生徒表彰が行われました。
☆校長講話
 1学期の振り返り。「挨拶」「時間や規則を守る」そして、「他人を思いやる心」を大切に。
 夏季休業中にやって欲しいこと3つ
 ①自分がやるべきこと事。やりたい事を、紙に書いて「見える化」する。
 ②「危機意識」を持って行動する
 ③3年生、投票に行こう。
☆生徒指導部長から
 自分の行動の5つの基準の確認
 「夏季休業中の生活について」
 一生懸命になれる時間をつくろう
 辛いことがあったら、だれかに相談を
などのお話がありました。

生徒表彰では、自転車競技部の3年1組松尾元気くん、3年4組髙橋大志くん、2年5組齋藤嵩人くん、実用英語技能検定合格で3年5組佐藤彩音さん、3年6組田中はるかさんがそれぞれ表彰されました。
おめでとうございます!

校歌練習

7月19日、校歌練習が行われました。
1学期最後の練習ということもあり、生徒は今まで以上にしっかりと練習に取り組むことができました。

球技大会

7月16・17日、全学年で球技大会が行われました。
女子はドッヂボール、男子は、16日は卓球、17日はソフトボールを行いました。
クラス一丸となって、競技に取り組んでいました。
優勝クラスは、女子ドッヂボールは3年1組 、男子卓球・ソフトボールは3年6組です。
おめでとうございます!

進路ガイダンス

7月18日、全学年で進路ガイダンスが行われ、学年に応じた講座が用意されました。
特に3年生は、この夏休みをいかに有効活用するか、より実践的な講義・練習となりました。
上級学校や企業の話を聞くことで、今後の進路についてより具体的に考えることができました。

第3回あいさつ運動

7月16日、第3回あいさつ運動が行われました。
前回以上に雨が降る中でしたが、生徒の安全にも気を配りつつ、あいさつを交わしました。

警察業務説明会

6月27日、警察官を目指している生徒に対する警察業務説明会が行われました。
具体的な業務内容を聞くことで、卒業後の進路を今まで以上に真剣に考えることができました。

第2回あいさつ運動

6月21日、2回目のあいさつ運動が行われました。
当日の天気は小雨でしたが、その中でも響き渡る大きな声が飛び交いました。

1学期全校集会

6月14日(金)、1学期の全校集会が行われました。
校長からのお話と、生徒指導部会からの生活に関する話がありました。

校歌指導

6月14日(金)、音楽科の教員による校歌指導が行われました。
どの生徒も、大きく口を開けて一生懸命に歌っていました。

生徒表彰

6月14日(金)、生徒の表彰が行われました。
陸上部の3-1野木拓海くん、2-6中原瑞生さん、柔道部の長谷部陽汰くんがそれぞれ表彰されました。
おめでとうございます!