富士見高校 の日々

富士見高校 の日々

第55回入間東部地区駅伝(2/4)教職員チーム結果

三芳町・ふじみ野市・富士見市の3地域で開催された、第55回入間東部地区駅伝大会に本校教職員チームが参加しました。以下、各記録です。

※ 1区(4.9km) 2区(2.3km) 3区(3.9km) 4区(3.9km) 5区(3.9km)です。
 

・富士見高校職員Aチーム(37位)

 

① 市川結基 0:18:25(26)/ 0:18:25(26)

② 山越彩夏 0:12:32(55)/ 0:30:57(35)

③ 中島健志 0:17:17(29)/  0:48:14(32)

④ 黒須靖広 0:19:30(53)/  1:07:44(39)

⑤ 金井塚渓太  0:17:41(32)/  1:25:25(37)

 

 

 

 

 

・富士見高校職員Bチーム(40位)

 

① 宇津木正彦 0:21:38(58)/ 0:21:38(58)

② 酒巻尚生 0:10:43(27)/ 0:32:21(46)

③ 柴田雄太 0:15:24(12)/ 0:47:45(31)

④ 廣畑大介  0:17:59(39)/ 1:05:44(32)

⑤ 宮澤卓弥 0:20:25(62)/  1:26:09(40)

 

 

 

 

・富士見高校職員Cチーム(38位)

 

① 田中彰人 0:18:40(33)/ 0:18:40(33)

② 山本佳樹 0:10:19(20)/  0:28:59(23)

③ 堀柊馬 0:17:34(38)/ 0:46:33(25)

④ 並木裕也 0:19:18(52)/ 1:05:51(34)

⑤ 櫻井浩 0:19:43(59)/ 1:25:34(38)

 

 

 

 

 

 

今大会では教職員だけでなく、本校陸上部より2チーム、サッカー部からも2チーム出場しました。

生徒・教職員一丸となって駅伝に参加することができて、とても有意義な時間でした。来年度も出場できることを楽しみにしています。

今日も富士見高校は元気です!!

昨日の雪の影響で富士見高校周辺も真っ白ですが、雪にも負けず今日も富士見高校は元気にやっています。

また、早朝から生徒の安全のために教職員が雪かきを行っていました。

    ↑美術の教員による富士見高校の校章

第57回入間市駅伝競走(12/17) 教職員チーム結果

 参加教員等集合写真

入間市にて開催された駅伝に、本校教員チームが出場しました。学年や教科もバラバラですが、1つのスポーツに打ち込むことでチームワークがより高まりました。以下、各記録になります。

 

【教員Aチーム】65位

(1区:5km)宇津木 21:56

(2区:2.5km)宮澤 12:00

(3区:5km)並木 26:00

(4区:2.5km)廣畑 10:09

(5区:5km)金井塚 23:50

(6区:5km)市川 19:48

 

【教員Bチーム】102位

(1区:5km)柴田 21:02

(2区:2.5km)小池 13:11

(3区:5km)黒須 26:26

(4区:2.5km)山越 13:46

(5区:5km)田中 19:53

(6区:5km)櫻井 27:16

 

両チーム襷が途切れそうな場面もありましたが、各先生が諦めずに走り、無事に襷をつなげることができました。

 

令和6年2月には本校周辺で行われる駅伝にも出場予定です。富士見高校は生徒だけでなく、教職員も前向きに様々な取り組みをしている学校です。生徒と共に成長できるよう、教職員一同引き続き精進します。

オープンカレッジについて

本校では本年度より新たな試みとして高大連携(オープンカレッジ)を実施しています。11月25日に連携大学の1つである文京学院大学での最終講義として本校生徒が文京学院大学ふじみ野キャンパスにてスライドを使った発表を行いました。当日は文京学院大学学長福井勉様をはじめ、副学長の上村 佳世子様にも隣席していただき、発表後にご好評いただきました。今回のオープンカレッジを通して、生徒の成長につながるものとなりました。関係各位の皆様大変お世話になりました。

毎日新聞社出前授業について

12月7日に本校生徒(1-6・3-5計72名)を対象に毎日新聞社東京本社編集編成局次長兼外信部部長の古本陽荘記者を講師としてお招きし、「ニュース・リテラシー」をテーマに授業を行っていただきました。アメリカ大統領選やウクライナ戦争、ガザ紛争などの事例を使い、情報の真偽を見極める力の高め方を教えていただきました。

本校の生徒も熱心に授業に取り組み、メモを取る姿が印象的でした。お忙しい中授業準備等大変ありがとうございました。

なお、12月8日付の毎日新聞埼玉版の朝刊に記事を掲載していただきました。webでも掲載していただいております。

 

 

「彩の国高校生ビブリオバトル2023」

11月25日(土)、さいたま市で「彩の国高校生ビブリオバトル2023」が開催されました。

今年度、本校の代表として2ー5の加藤千禮(かとうちひろ)君が『いなくなった私へ』(著者:辻堂ゆめ)という本を持ってチャンプ本を目指し参加してきました。

今回の彩の国高校生ビブリオバトルとは、埼玉県内33校の参加の中から、予選を6組に分け、各々が持ち寄った本を5分間紹介、2分間のディスカッションを行ったのち、単純に聴衆者が「一番読みたい」と思った本を決め、最多票を獲得し各予選を勝ち抜いた代表者が決勝ラウンドを行います。その中で今年度の「チャンプ本」を決めるのがビブリオバトルです。

今年はどんな本がチャンプ本になり、果たして加藤君はどうなったのか・・・

 

《予選の様子》

 (予選を一緒に戦うメンバーです)

(予選を一緒に戦うメンバーです)

抽選の結果、予選の1番目を引いてしまい、昨年も見ている私としては、正直1番はきつい・・・というのが感想でした。

 (加藤君の予選での様子)

(加藤君の予選での様子)

部屋全体が緊張の面持ちの中始まり、1番目というその重役の中で、見事に本を紹介してくれました。

結果から先に言ってしまうと、今年度は惜しくも予選で敗退・・・

その後、決勝ラウンドへ行って優勝したのは、予選でバトルを交わした高校生でした。

全日程終了後、参加者全員で写真撮影をしたその顔は今日一日のプレッシャーと緊張から解き放された高校生らしい笑顔でした。

 バトラー集合写真

昨年度、本校の生徒が見事準優勝をしてくれたので、決勝にいく難しさを痛感したのと当時に話し方とかではない、その人が持つ表現力や伝達力を引き出してあげることの大事さを知りました。

私もまだまだ勉強です。

この悔しさは、来年の後輩に果たしてもらいましょう!

加藤君も今日までの1か月間、本当にお疲れ様でした。

 

富士見市総合防災訓練のボランティア活動に参加してきました!!

10/15(日)に富士見市東消防署訓練場にて行われました総合防災訓練に本校より生徒6名がボランティアとして参加して来ました。悪天候中ですが、ボランティアの人も含め200人以上の参加が見受けられました。

 

[開会式の様子]

開会式の様子

 

本校の生徒も各担当部署に分かれ、富士見市内の学校より参加されました生徒とともにコミュニケーションを取りながら、あいにくの雨でしたが楽しく活動ができました。

 

[生徒の様子]

 生徒の様子1生徒の様子2生徒の様子3

 VRで地震や火災を体験できたり、配給でカレーを作ったり、実際に浸水(膝下程度)や地震の体験をしてみたりなど日常では体験できないようなことを経験してきました。この他にも災害対策であったり防災グッズであったり、実際に引率として行った自分自身も非常時の対策が全くできていないと感じてしまいました。また、実際の災害時におけるボランティアの方々の力の大きさも実感でき、生徒にとってもいい経験だったのかなと感じております。

またこのような機会があれば、次はもっと多くの生徒の参加を呼び掛けるとともに、災害という万が一に備えた経験を知識として役に立てていきたいと思います。

生徒の皆さんもお疲れ様でした。

「化学基礎」鉄の燃焼実験

1年生「化学基礎」の授業で、3種類の鉄からなるくぎ、スチールウール、鉄粉を用いた燃焼実験を行いました。

まず、これらが燃えるかどうかの予想を立てます。班で話し合い、発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にろうそくを立てて、その火を使って各々を燃やします。これまでろうそくを立てたことがない生徒が多くいたので、良い経験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチールウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄粉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて同じ鉄からなるものですが、空気の触れ方の違いにより燃え方が異なる様子を観察することができました。結果は予想通りだったでしょうか。

最後に花火を燃やしました。不思議な花火で火花を触っても熱くありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄の燃焼も化学反応の一つですが、実験を通して身近なものに感じられ、理解が深まったのではないでしょうか。これからも化学を難しく考えず、気軽な気持ちで楽しく勉強していきましょう。

「生物基礎」DNAの抽出実験

2年生「生物基礎」でブロッコリーを用いたDNAの抽出実験を行いました。ブロッコリーのつぼみ部分をはさみで切り取り乳鉢に入れます。冷凍したもので少し冷たかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り取ったつぼみを乳棒でしっかりとすりつぶします。このすりつぶしが今回の実験で重要なポイントとなるので皆しっかりと行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員の説明も集中して聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食塩水を加えた後、ガーゼに移してしぼりとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたDNA抽出液に冷えたエタノールをそっと加えると白い糸状のDNAがでてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い糸状のDNAをスポイトでろ紙にのせて、酢酸オルセイン溶液で染色します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤く染まったDNAを確認することができました。

 

 

 

 

 

 

実験は片づけまでが重要となります。班で協力して、使用した器具の水洗いから実験台の水拭きまで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回この実験を5クラス行い、全員がよく手を動かしてしっかり取り組めました。実験結果は各々異なりますが、自分で出した結果をまとめることが大切です。これからも続けて頑張りましょう。

「選択生物」アルコール発酵実験

3年生「選択生物」で、2種類の糖と酵母イーストを用いてアルコール発酵の実験を行いました。まず各々の糖を正確に秤量して溶液を作ります。

これらの溶液をキューネ発酵管へ空気が入らないようにゆっくりと注ぎ、お湯の入った桶に入れて発酵が始まります。発酵により生じる気体の体積を1分毎に読み取ります。気温が高いので発酵の進み具合が早いです。

発生した気体の確認で、水酸化ナトリウムと反応した二酸化炭素により、指が吸い寄せされることがわかりました。

次にもう一つ発生したエタノールについてヨードホルム反応で確認します。

今回の実験で、指が吸い付けられたり、溶液の色が変化したり様々な結果が得られて、楽しく実験が進められました。実験は、試行錯誤を繰り返しながら、興味深い発見につながることが数多くあります。これからも色々な実験に挑戦をして楽しんでいきましょう。

「生物基礎」体細胞分裂の観察実験

2年生「生物基礎」で、ネギ発芽種子を用いた体細胞分裂の観察実験を行いました。まず染色液の準備をします。その中へネギ発芽種子を一つずつ丁寧に移し染色を行います。

染色を行っている間に分裂期の復習です。しっかり各時期の染色体の様子を頭に入れておきます。

水洗いをしていよいよプレパラートを作ります。種子のわずかな根端を切り取るため少し苦戦しています。

分裂している細胞が多く見つかるとよいのですが、顕微鏡をのぞいて一生懸命探しています。

間期の細胞が多く観察できたようですが、様々な分裂期の細胞が見えて感動している生徒もいました。今回、自分で作成したプレパラートを観察できたことがとても良かったと思います。また顕微鏡で色々なものを観察していきましょう。

「第4回たんぼラグビーin富士見南畑」に参加してきました

「第4回たんぼラグビーin富士見南畑」に本校教諭1名と生徒4名が富士見高校として初めて参加しました。

 当日は市内外から約130名が参加し、子供も大人も泥まみれの中、ラグビーを楽しみました。本校の生徒も当初は田んぼに入ることや泥だらけになることを嫌がっていましたが、試合が始まるとその思いもなくなり、夢中で楕円球を追いかけていました。

 地域事業に積極的に参加し、地域の人々との交流を通じて富士見高校がさらに地域から信頼される学校へと成長できればと思っています。また、田んぼラグビーに参加するにあたり、ご協力いただいた保護者、生徒の皆さんありがとうございました。

ラグビー会場の田んぼ田んぼラグビーに参加してくれた本校生徒4名

快挙!!!『彩の国ビブリオバトル 2022』にて準優勝!!1

10月29日(土)に『彩の国ビブリオバトル 2022』がさいたま市の彩の国すこやかプラザにて行われ、本校より校内の予選を勝ち抜いた、小林 浩君(3年)が代表として出場し、優勝は逃したものの、見事、準優勝という快挙を成し遂げました。コロナ禍ということもあり2年ぶりの開催となったこの大会ですが、2019年に開催された本大会では、埼玉県代表者が全国大会でも優勝!という快挙を成し遂げ、埼玉県のレベルも年々上がってきています。

 そもそも、『ビブリオバトル』って何??方のために簡単に説明させていただくと、自分のお薦め本を5分間という、限られた時間の中で聴衆者にプレゼンし、聴衆者は自分の読んでみたいと思える本に投票するというもので、極めてシンプルな大会で、別名「知的書評合戦」とも言われています。

そんな大会に今回、本校より出場した小林 浩君(3年)が、予選グループをトップ通過し、残った決勝戦で見事、準優勝という結果を残してくれました。最近は明るいニュースがあまりなかった本校に素晴らしいニュースを届けてくれました。

小林君(3年)本人にこの快挙について聞いてみると、

『そもそも、こんな結果になるとは想像しておらず、(予選で終わって早く緊張から逃れよう。)という気持ちの方が強かった。』と言っており、本人でも《まさか》という気持ちのほうが大きかったみたいです。

引率してくれた先生も、

『決勝戦では、会場も、聴衆者も増えて緊張が伝わってしまっていた。私の後ろに座っていた、他校の先生にも(決勝で、(くじ引き上)トップバッターで緊張してたね。予選のまんまできたらわからなかったかもね)と言われました。』と言っていたので本当に「おしい準優勝」だったみたいです。

小林君(3年)は今年度で卒業していってしまいますが、是非とも、この経験やその知識を残された後輩達に伝え、残していってもらい、次こそは優勝できるように本校でも取り組んでいきたいと思います。

 

富士見高校野球部 初戦劇的勝利

 10日(日)に行われた高校野球の初戦で蕨高校と対戦し、9-8の逆転サヨナラ勝ちで3回戦へと駒を進めました。多くの方の応援、ありがとうございました。

3-4で迎えた7回に4点を奪いリードしたものの、8回に4点を奪われ逆転を許し、7-8で9回裏。最後まで諦めないプレーで9回に2得点をあげ、見事勝利しました。この試合については、11日(月)の埼玉新聞の8面に大きく取り上げられていますので、ぜひご覧ください。

 

埼玉新聞2022年7月11日付 8面

埼玉新聞2022年7月11日付 8面

令和4年度始業式・入学式

本日は午前中に始業式がありました。感染症対策のため、放送での始業式でしたが、校長先生から今年一年の目標をもって学校生活を送るようお話がありました。そののち、2・3年生の新クラスの発表もあり、全員で気持ち新たに新年度を迎えました。

午後は入学式が挙行されました。今年度も保護者様は各家庭1名のみの参加とさせていただきましたが、無事に新入生を迎えることができました。教職員も精いっぱい手伝いますので、3年間充実した高校生活が送れるよう、これから頑張っていきましょう。

 

令和3年度3学期終業式

 3月24日(木)、3学期終業式が行われました。密を避けるため、今回も放送によるものとなり、生徒の皆さんは各教室で静かに放送を聞いていました。

 本年度は昨日で終了しました。2週間の春休みを経て、皆さんは学年が変わります。来年度に向けてしっかり準備をしましょう。ボーっと過ごしてしまうのはもったいないです。校長講話にもありましたが、小さなことからでも意識して取り組んでいくことが、先に大きな差となって表れてきます。春は何かを新しく始めるのにとてもいい季節です。自分自身の進路実現という目標を見据え、できることからコツコツと取り組んでいきましょう。

 

教室で先生の話に耳を傾けていました。

 

校長講話および表彰

大規模展開!!進路ガイダンス!!!

 3月16日、1・2学年合同の進路ガイダンスが、感染症拡大防止対策を取りつつ実施されました。

 今までも何度か進路ガイダンスは行われてきましたが、年度が切り替わるこの時期には特に規模の大きなものが毎年行われています。通常時より細かくブースが分かれており、より自分の進路希望に沿った説明を受けることができました。

就職希望者ガイダンスも細かく分かれます

 

 2学年は進路の決定までもう半年程度しかないため、特に熱心に話を聞いていました。その真剣な雰囲気は1学年の生徒にも、いい刺激になっていたと思います。

 進路決定は悩ましいものですが、自分の将来の可能性を広げるチャンスであり、希望に満ちたものでもあります。たくさんの人に相談し、悩み、慎重に決めてもらえればと思います。

 

 

 ガンバレ、富士高生‼

 

 

 

 

令和3年度卒業証書授与式

 3月11日(金)、令和3年度卒業証書授与式が行われました。天候にも恵まれ、春の暖かな日差しが心地よい、素晴らしい卒業式日和となりました。

 生徒たちはいつもとは違い少し緊張した面持ちで、ただ同時に晴れやかな表情で登校していました。

 今年度の卒業生は新型コロナウイルス感染防止対策により、学校生活に様々な制限がかかってしまった学年でした。しかしその中でできることを考え工夫し、全力を投じたという経験は、他の世代にはない、皆さんの将来に大きな武器となることでしょう。

 

 皆さんの可能性は無限に広がっています。自分の力が最大限発揮できる道を見つけ、活躍してくれることを願っています。

 

新学期スタート

 

 2022年がスタートしました。本校は1月7日(金)に3学期始業式を実施しました。

 まさか2022年初日の登校がこのような景色の中になるとは思いもしませんでした。前日の降雪の影響により路面が凍結する足元の悪い中、生徒も教員も頑張って登校しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年度も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各学年の分散実施という形となりました。校長・生徒指導主任講話の後に学年の教員から3学期の過ごし方についての注意がありました。「見通しを立てて生活する」ことで、自分が今何をする必要があるのか・何をすることができるのかを考えていくことが大切だ、という話を生徒の皆さんと一緒に聞いて、「ボーっと生きていてはダメだ」と筆者自身も反省してしまいました。

  3学期は短く、あっという間に学年末考査、そして次年度への準備となります。ただし、この短い時間でも成長することは可能です。1つ1つのことに真剣に取り組み、有意義な3学期になることを祈っています。

校長講話

 

生徒指導主任講話

進路進路進路!!

 冬休みを直前に控えた12月22日、富士見高校では各学年で進路活動を行いました。1・2学年は卒業後の目標実現に向けて系統別学校説明会と進路講演会を受け、3学年は卒業後の生活を見据え、消費者講座を受講しました。

 筆者は所属する1学年の活動を見学しました。系統別学校説明会では各学校の概要のほかに、入試に関する説明がなされていました。どの分野にも共通していたのは「高校生活の中でコミュニケーション力を上げていってほしい」というものでした。面接試験で人間性を重視する傾向が高まる中、しっかり話すことができる力が求められているということが印象的でした。志望動機講演会では、考え方と書き方についての講義が行われました。筆者が就職活動の時に自分で調べなくてはならなかったことを講師の先生に、丁寧にわかりやすく説明していただきました。自分の時にもこういった活動があればなぁと羨ましく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この富士見高校の充実した進路活動が、生徒の皆さんの卒業後のサポートになることを確信しています。

「進路は絶対富士見」!!!