日誌

体育祭 開会式

 皆さん、お早うございます。

 皆さん、体育祭日和を引き寄せましたね。全校生徒と教職員が結束して準備してきた、富士見高校体育祭が盛大に開催できることを、大変嬉しく思います。

 

 また、本日は、お忙しい中、富士見市内6中学校の校長先生方を始め、多くの御来賓の皆様、そして保護者の皆様に、朝早くから御臨席いただきましたこと心から御礼申し上げます。

 

 さて、体育祭は、皆さんの日頃の成果を遺憾なく発揮する場、そして競技や応援を通してお互いの友情を深め合う場でもあります。

 

私からは、開会にあたり、2つについてお話します。

 

 1つめは、「正々堂々と全力で」です。

先ほどの行進では、腕を振り、腿を上げ、大地を踏みしめて歩く皆さんの姿は、まさに正々堂々としていました。競技としてのスポーツには勝ち負けは、結果として大切です。が、大切な事はルールに従い全力を出し切ったかどうかです。ルールを守り、正々堂々と、全力で臨んでください。  心は熱く、頭は冷静に、です。

 

 2つめは、「一人一人が協力の意識をもって」です。

団体競技の時は、そのチームの一員として力を出し、声を掛け合い、協力。個人競技の時は、クラスの一員として、応援による協力。そして、富士見高校の一員として、素晴らしい体育祭とするために、一人一人が気配りをして協力。

特に、3年生の皆さん、高校生活最後の体育祭です。1,2年生をリードして、「富士見高校の体育祭はこんなにすごいんだ」となるよう、協力する模範を見せてください。

 

 富士見高校は7色の団に分かれていますが、もう1つ。7色を併せ持つ「虹色」という富士見高校団の色があります。夢をつなげる「虹色」富士見高団。

 

 「正々堂々と全力で」「一人一人が協力の意識をもって」、富士見高校体育祭を造り上げましょう!

 

 皆さんの活躍する姿を、心から楽しみにしています