富士見高校の日々

2020年2月の記事一覧

予餞会

2月14日(金)、卒業する3年生へ向けた予餞会を行いました。

吹奏楽部、合唱部、有志団体からの発表、在校生が制作した装飾の紹介、また、3学年の教員から卒業生に送る教員企画が行われました。

それぞれの未来へはばたく3年生へ向けた、後輩、先生からの最後のはなむけを送ることができました。

PTA植栽活動

2月7日(金)、PTA役員の皆様が植栽活動を行ってくれました。

これから来る春に向けて、校門の緑に彩りを加えました。

登校する生徒は、パンジーの華やかな色合いに目を輝かせています。現在家庭研修中の3年生にとっても、卒業に向けた素敵な贈り物になりました。

1学年進路ガイダンス

1月23日(木)、1学年で進路ガイダンスが行われました。

2・3学年で行う進路選択に向けて、進学、就職といった様々な進路について知識を身に着けました。

進学については、「進学に必要な費用」についてのお話を聞き、保護者の方と今から相談していく必要があることを認識しました。

主権者教育

 

1月30日(木)、主権者教育と模擬選挙を行いました。

富士見市の選挙管理委員会の方々をお招きし、「若者の政治参加と地域づくり」と題して、10代の選挙の実情と投票に行くことの大切さについてお話をしていただきました。

続いて、架空の市長選挙をイメージし、立会演説会・投票・開票作業まで行いました。立会演説会では、3人の先生方が各々の公約について熱弁をふるわれました。

実際の選挙で使われる投票用紙・投票箱を富士見市からお借りして模擬選挙を行うことで、選挙についてより理解を深めることができました。