富士見高校 の日々

2023年10月の記事一覧

「化学基礎」鉄の燃焼実験

1年生「化学基礎」の授業で、3種類の鉄からなるくぎ、スチールウール、鉄粉を用いた燃焼実験を行いました。

まず、これらが燃えるかどうかの予想を立てます。班で話し合い、発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にろうそくを立てて、その火を使って各々を燃やします。これまでろうそくを立てたことがない生徒が多くいたので、良い経験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチールウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄粉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて同じ鉄からなるものですが、空気の触れ方の違いにより燃え方が異なる様子を観察することができました。結果は予想通りだったでしょうか。

最後に花火を燃やしました。不思議な花火で火花を触っても熱くありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄の燃焼も化学反応の一つですが、実験を通して身近なものに感じられ、理解が深まったのではないでしょうか。これからも化学を難しく考えず、気軽な気持ちで楽しく勉強していきましょう。

「生物基礎」DNAの抽出実験

2年生「生物基礎」でブロッコリーを用いたDNAの抽出実験を行いました。ブロッコリーのつぼみ部分をはさみで切り取り乳鉢に入れます。冷凍したもので少し冷たかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り取ったつぼみを乳棒でしっかりとすりつぶします。このすりつぶしが今回の実験で重要なポイントとなるので皆しっかりと行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員の説明も集中して聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食塩水を加えた後、ガーゼに移してしぼりとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたDNA抽出液に冷えたエタノールをそっと加えると白い糸状のDNAがでてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い糸状のDNAをスポイトでろ紙にのせて、酢酸オルセイン溶液で染色します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤く染まったDNAを確認することができました。

 

 

 

 

 

 

実験は片づけまでが重要となります。班で協力して、使用した器具の水洗いから実験台の水拭きまで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回この実験を5クラス行い、全員がよく手を動かしてしっかり取り組めました。実験結果は各々異なりますが、自分で出した結果をまとめることが大切です。これからも続けて頑張りましょう。